ヘッダー

俺に言わせろ! 最強スタメン・フォーメーション(2012年3月時点)|サッカー日本代表

top

俺に言わせろ! 最強スタメン・フォーメーション(2012年3月時点)

このページは、管理人が考える現時点のサッカー日本代表スタメン・フォーメーションです。




管理人のコメント

フォーメーションは4-1-4-1。南アフリカワールドカップで岡田武史監督が取った4-1-4-1は、4-2-3-1のトップ下をディフェンダーとボランチの間にアンカーとして配置したような3ボランチ気味の守備的なフォーメーションだったが、今回考えている4-1-4-1はそうではなく、4-3-3の左右両トップを少し下げたような布陣である。

ディフェンダーは前月と変わらず闘莉王と酒井宏樹(右サイド)を抜擢したい。もう一人のセンターバックは吉田麻也。

アンカーともいえるシングルボランチには、ドイツで香川真司を蛇のようにマークした細貝萌を起用したい。代表レギュラーの遠藤保二や長谷部誠もこのポジションに考えられるが、共に前のウズベキスタン戦で調子がイマイチだったことや、アンカーなので守備力が不安な事が、両者を外した理由である。

2列目の左ウィングには、イングランド・ボルトンで脚光をあびている宮市亮を見てみたい。右ウィングは迷ったが岡崎慎司とした。

2列目中央には、香川真司と本田圭祐としたいところだったが、本田圭祐をこの位置にすると1トップに最適な人材が見当たらない。本来ならこのポジションには、前田遼一、ハーフナー・マイク、李忠成、森本貴幸などが候補であるが、どの人も現時点の活躍を考えると合格点とは言い難い。そこで1トップは本田圭祐とし、2列目中央のもう一人はパサータイプの中村憲剛とした。



一覧に戻る

コメントを投稿する

メッセージ
名前
認証用パスワード 「 5782 」と入力してください。

山猫2012/04/09 16:18:12

本田のワントップ賛成!
でも、4-1-4-1だと守備が崩壊しそう。


本サイトの免責事項

本サイトの作成に当たっては、細心の注意をはらって適切な情報の提示、及び、的確な評価を心掛けております。しかしながら、誤った情報の提供などにより、本サイトの閲覧者様が被害を被った場合でも、本サイトは一切の責任を負わないことを、予めご了承ください。

代表者

管理人:増田厚
趣味はサッカー観戦、釣り、旅行です。趣味を兼ねてこのサイトを作りました。ドルトムントに香川の試合を見に行きましたよ!
仕事は東京の駒沢と代官山でヘッドスパ専門店を経営しています。
お問い合わせはこちらのフォームよりお願いします。





Copyright (C) サッカー日本代表 歴代フォーメーション All Rights Reserved.