ヘッダー

ワールドカップ ブラジル大会 3次予選 ウズベキスタン戦(2012年2月29日)|サッカー日本代表フォーメーション

top

ワールドカップ ブラジル大会 3次予選 ウズベキスタン戦(2012年2月29日)

スターティングメンバー

最終的


試合名称 ワールドカップ ブラジル大会 3次予選
場所 愛知 豊田スタジアム
監督 アルベルト・ザッケローニ(イタリア)
スコア(左が日本) 0−1
得点者 なし
選手交代 藤本淳吾 ⇒ 乾貴士(59分)
ハーフナー・マイク ⇒ 李忠成(65分)
長友佑都 ⇒ 駒野友一(84分)



管理人のコメント

日本とウズベキスタン、ともに3次予選突破を決めているが、日本は最終予選のシード権の問題があり、絶対に勝たなければならない試合であった。

日本代表のザッケローニ監督は、負傷でコンディションが懸念されている香川真司を含む海外組の主力をを招集した。中でもイングランド・プレミアリーグのボルトンで注目を集めている宮市亮(19歳)も招集された。

日本代表のスターティングメンバーは現時点のベストメンバーが選ばれ、フォーメーションは4-2-3-1であった。注目すべきは、トップ下にアイスランド戦で安定感を見せた中村憲剛ではなく、香川真司を選んだことである。 その理由をザッケローニ監督は、「トップ下のポジションに香川を使うことで、岡崎慎司を得意な左に置くことができたし、相手の戦い方を分析して、バイタルエリアで香川が前を向いたら、ウチのチャンスになると思った。」と述べている。

一方のウズベキスタンは、主力5人が出場停止などでスタメンを外れ、1.5軍と言ってもよいメンバーであった。

もかかわらず、試合はホームで0-1の敗戦となった。日本代表は個々の選手で多くのミスが目立った。パスが数十センチから1メートルほどずれたり、トラップが大きかったりというのが多発した。

その中でも私が最も懸念したのが、キャプテンの長谷部誠と内田篤人である。2人は現在、ブンデスリーガでも出場が限られている。パフォーマンスが悪いからブンデスリーガで試合に出れないこともあるのだろうが、試合に出ないから更にパフォーマンスが落ちているとも見受けられた。

ウズベキスタンのパフォーマンスは、もちろん称賛されるべきであるが、ベストメンバーでのぞんだ日本代表のパフォーマンスには、今度の最終予選で不安が残る。



前の試合を見る次の試合を見る
ザックジャパン試合一覧に戻る

コメントを投稿する

メッセージ
名前
認証用パスワード 「 4603 」と入力してください。

サッカー好き男2012/04/09 16:08:43

残念な試合でしたね。

せっかく期待の宮市を招集したのに、使われなくてがっかり・・。

宮市にはさらにプレミアで一皮むけて欲しい。


本サイトの免責事項

本サイトの作成に当たっては、細心の注意をはらって適切な情報の提示、及び、的確な評価を心掛けております。しかしながら、誤った情報の提供などにより、本サイトの閲覧者様が被害を被った場合でも、本サイトは一切の責任を負わないことを、予めご了承ください。

管理人:増田厚
趣味はサッカー観戦、釣り、旅行です。趣味を兼ねてこのサイトを作りました。ドルトムントに香川の試合を見に行きましたよ!
お問い合わせはこちらのフォームよりお願いします。




Copyright (C) サッカー日本代表 歴代フォーメーション All Rights Reserved.