ヘッダー

ワールドカップ ブラジル大会 3次予選 北朝鮮戦(2011年11月15日)|サッカー日本代表フォーメーション

top

ワールドカップ ブラジル大会 3次予選 北朝鮮戦(2011年11月15日)

スターティングメンバー

最終的


試合名称 ワールドカップ ブラジル大会 3次予選
場所 北朝鮮 平壌
監督 アルベルト・ザッケローニ(イタリア)
スコア(左が日本) 0−1
得点者 なし
選手交代 中村憲剛 ⇒ 内田篤人(62分)
前田遼一 ⇒ ハーフナー・マイク(76分)
清武弘嗣 ⇒ 李忠成(85分)



管理人のコメント

既に3次予選突破を決めている日本と、3次予選敗退が決定している北朝鮮との一戦。

ホームの北朝鮮は平壌では絶対に負けられないという闘士剥き出しの気迫でプレーで臨んでくる。一方の日本代表は、一部レギュラーでないメンバーがスタメンで出場しており、チームがかみ合っていない。

日本代表は当初4-2-3-1のシステムだったが、62分トップ下の中村憲剛を下げ、内田篤人を投入。右サイドの駒野友一を左サイドハーフに持ってきて3-4-3のシステムに変更する。

しかし、システム変更もあまり機能せず0−1の敗戦。ザッケローニが監督となってから初めての敗戦となった。



前の試合を見る次の試合を見る
ザックジャパン試合一覧に戻る

コメントを投稿する

メッセージ
名前
認証用パスワード 「 3626 」と入力してください。

まだコメントはありません

本サイトの免責事項

本サイトの作成に当たっては、細心の注意をはらって適切な情報の提示、及び、的確な評価を心掛けております。しかしながら、誤った情報の提供などにより、本サイトの閲覧者様が被害を被った場合でも、本サイトは一切の責任を負わないことを、予めご了承ください。

管理人:増田厚
趣味はサッカー観戦、釣り、旅行です。趣味を兼ねてこのサイトを作りました。ドルトムントに香川の試合を見に行きましたよ!
お問い合わせはこちらのフォームよりお願いします。




Copyright (C) サッカー日本代表 歴代フォーメーション All Rights Reserved.